【展示】7/2〜7/7 小林大悟 個展「Wonder Attic Room」

初個展を開催する事になりました。会場は埼玉県浦和にある日本茶喫茶/ギャラリー楽風(らふ)です。喫茶の二階、築124年の倉の屋根裏を改装した土壁のギャラリーでの展示です。平面作品を中心に30点ほど展示予定。ほぼ2015年以降に制作した作品です。 


展示は無事終了いたしました。

大勢の方々に足をお運び頂きありがとうございました。

個展タイトル「Wonder Attic Room」、"Attic"はあまり聞き慣れないですが、「屋根裏(部屋)」を意味しています。土壁で天井に梁がある特殊なギャラリー。そこを自分の部屋に見立て、絵を飾り来場者を招くような意味をタイトルにこめました。英語なのは作風の趣が(会場に反して)和風ではない事を考慮しました。それから尊敬する作家の初個展名をちょっぴり踏襲しています。

 

元々浦和は縁のある土地ではありませんでしたが、定期的に足を運ぶ事で様々な出会いがありました。展示作品には浦和に住む橋本籐工芸さん/花教室カプアさんから頂いた廃材を用いて制作したものもあります。加えて展示を通して少しでも浦和の方々と響き合えるよう関連企画も用意しました。展示や作品を通して様々な出会い・発見を紡ぐ事ができれば幸いです。


期間:2015/7/2(木)〜 7/7(火)10:00-19:00(最終日のみ17:00まで)

企画・会場:日本茶喫茶・ギャラリー楽風  埼玉県さいたま市浦和区岸町4-25-12

HP:http://rafu-urawa.com/

後援:多摩美術大学校友会


展示関連企画その① 物物交換

 

個展会場である浦和市にある橋本籐工芸さんは藤細工家具を販売されているお店。

橋本さんから細い籐の廃材を頂きました。この藤を染めたものを用いて出来た手のひらサイズの

小さな作品を会場内に展示します。この作品はお一人様一点に限りご自由に持っていく事が

可能です。かわりにお持ちの廃材を置いて"物物交換"して頂けると、後日

集まった廃材を素材・モチーフに作家が作品を作り橋本さんへお渡しします。

普段絵を飾る習慣のない方にも、気軽に飾って欲しいという思いと、浦和の方々との交流を兼ねて

この企画を考案しました。お越しの際はぜひ廃材(生ものは不可)をお持ち下さい。


 

展示関連企画その② アーティストトーク

 

下記の日程でアーティストトークを行います。

7月2日(木) 11:00-

7月5日 (日)11:00-/18:00-

7月7日 (火)11:00- 【※】 

 

作者が一方的に作品や制作について語るのではなく作家と居合わせたお客さんが

ゆるやかに居合わせられるよう場が築けたらと思います。

1回30分、途中入場・退出可。事前予約はありません。司会進行は毎回別の方です。

興味のある方はお気軽にご参加下さい。

 

※この回のみ、手話翻訳に対応してます。聴覚障害をお持ちの方にも

 対応できますので、お誘い合わせの上ご参加下さい。